テレビ

日本の家電メーカー「テレビが売れないのは画質が悪いせい。画質を上げれば、もっと売れるはず」

1: ヨーロッパオオヤマネコ(東京都):2012/06/07(木) 22:55:57.54 ID:4ii5ZAGQ0

逆襲に向けて動き始めている日本のテレビメーカー。各社とも確かな勝算があるようだが、取材をしていると、販売現場との大きな隔たりを感じざるを得ない回答もあった。それは、「さらなる高画質化」の追求だ。「違いがない」という指摘に対して、デザインやネットワーク連携、大型化、録画機能などで「個性」を発揮しようとする日本勢。各メーカーのキーマンたちを取材した中で、担当者たちが一様に口にしたのが「さらなる高画質へのこだわり」だった。

ちなみに、今年2月に行われた「CES」では、韓国勢の大型有機ELテレビに話題を奪われたが、日本勢の画質に関する最新技術にも目を見張るものがあった。例えば、ソニーが参考出品した「クリスタルLED」。これは画素のひとつひとつを微細なLEDで構成したもので、従来にはないハイコントラストを実現。また、三菱電機はレーザー光を使った液晶を開発し、年内にも国内販売に踏み切るという。パナソニックやシャープ、東芝なども、現在のフルHDの4倍も緻密という「4Kテレビ」の開発を行なっており、年内中に商品化されるとの情報もある。

さらに、シャープはNHKと共同でフルHDの16倍緻密な「8K」や、ソニー出身の有名技術者が立ち上げたアイキューブド研究所と連携し、「ICC-4K」と呼ばれる新発想のテレビの開発も行なっている。いずれも、韓国勢に先を越された有機ELに、負けず劣らずの超高画質を実現している。

しかし、一方で「超高画質競争」に対しては冷ややかな見方もある。ある大手量販店の店員がいう。「高画質技術は確かにすごいですが、現時点でお客様が今のフルHD以上の画質を求めているとは思えません。各社の商品はすでに相当高いレベルにあるので、お客様がテレビを選ぶ際の優先順位として、画質はあまり高くないのではないか、という印象があります」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120606-00000302-dime-sci
[続きを読む]

JPOP終わりすぎワロタwwwwwwwwワロタ…

jpg

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 09:19:22.31 ID:0SKYJcyc0

2012年上半期シングル売り上げランキング

*1位 AKB48
*2位 AKB48
*3位 嵐
*4位 嵐
*5位 SKE48
*6位 SKE48
*7位 嵐
*8位 NMB48
*9位 NMB48
10位 Kis-My-Ft2(ジャニ)

[続きを読む]
Copyright (C) 超時空TERA速報. All Rights Reserved.